『A+M』雑貨大百科
2010/10/12
*カゴバックの作り方*
ハンドメイドのラビットファーのカゴバックの作り方と
カゴバックのリメイクの仕方を教えて!と
問い合わせが とりあえず たくさんくるので
他にも多い コサージュの作り方と革のコサージュとのコンビネーションを
あわせて紹介しようと思います。
市販のマルシェバックや通販で買った激安バックも
簡単リメークで大人可愛くなります。
モロッコ風のゴージャスバックもつくりたいな。





↑ナチュラルなカゴバックは
浴衣や着物にも あいそうでしょ???






↑今年 おかげさまで Sold Outがつづいた黒かごバック。

わたしも 一番のお気に入り。





*目次*

1.カゴバックリメイクレシピ
2.カゴバックのデコレーション
3.ラビットファーやフェイクファー
4.コサージュの作り方
5.革のコサージュの製作
6.コサージュピンのつけ方




大好きなカゴバック・・・
コラージュしたり いろいろ我が家にはあります。
特に ラビットファーを少しつかったり
シャンデリアパーツをつけたりする
コラージュカゴバックは とてもかわいいし
簡単にできるのでおすすめです。

自宅教室でも ブラックラビットファーのかごばっくのリメイクが
一番もりあがったかな???



*attention*

自宅教室の様子がHomeSweetCraft vol.10特別記念号に
『A+M』峰川あゆみで紹介掲載されました♪

ワークショップでリメイクかごバックを作った様子が
載っているので是非チェックしてみてくださいね。







そんな大好きなカゴバック一覧。

写真と作り方ものせているので 参考にして作ってみてくださいね♪

リメイクカゴバック*ファーかごバッグ 作り方








mini*ミニ鍵よりちいさなバックとかもリメイク。



ハンドメイドのかごばっくをmini*shopに出したら
黒がおもったいじょうに反響があってうれしかったです。
手元にはないし 全て写真を撮っていたわけではないけど
お気に入りを一覧にしてみました♪

作り方は↓下のの応用です。
まねして作ってみてくださいね♪





↑クリックしたら少しだけ拡大します。









1.カゴバックリメイク方法


もっと詳しく作り方を教えて!と
多くの方に言われたので
よりくわしく細かくカゴバックの作り方を紹介したいと思います。

ほとんど画像で紹介するほうがわかりやすいと思いますので
長くなりますが みてみてくださいね。



では まずはじめに リメイクしたいカゴバックを用意します。





↑ほぼ全てのイメージ画像は クリックで拡大します。

こんな場所に レースがあったらいいかな?
という場所をイメージして
土台になる大きめレースを







3つ折にして かごの上にあわせて見ます。

レースは たくさん重ねたほうが ゴージャスで
オリジナリティがでて かわいくなると思うので
試してみてくださいね。

そして その上に また レースを重ねる用意。







レースは ギャザーをよせてもいいですし
こうして 重ねながらだんだんになってもいいです。






そして これらを すこしずつ縫い付けていきます。
カゴバックに縫い付けてくださいね。








手順はわかりますか???

最後に 接着剤で固定しますが
とりあえず レースがおちないように
少し縫い付けているとあんしんです。

かごじたい厚みがあるので 大変ですが頑張って!!!

裏面に縫い糸が見えないように気をつけてくださいね。
多少みえても気にならないかもですが
やっぱり見えないほうがキレイにできると思います。

冬は この段階でファーをぬいつけますが
夏シーズンは レースだけのほうが 爽やかかな???


アンティークレースなどをポイントに奮発すると
ゴージャスでリュクスな 籠バックになるとおもいます。


3つ折?っていうのかな?
レースをかさねて写真のようにおって








何枚か重ねると 土台は完成します。


そして その後は メインのコサージュ作りになります。

わたしは リネンやコットンでコサージュを作ることが多いです。

厚手の布 薄手の布といろんな布を重ねると
より味わいぶかくなりますよ。


まず 基本のコサージュの作り方です。





小さめの正方形を4枚以上作ります。

最低4枚はないと お花のボリュームがたりなくて
さみしくなっちゃいます。

ここでは 4枚の布を クローバー型にカットします。

5つばや6つばでも かわいいですが
形がふくざつなので クローバー型が作り安いかな???





そして ちょっとわかりにくいですが 花の真ん中のぶぶんをおって
ミニタオルをたたむようにして そのなかを縫い付けます。






わかりますか???


それを ずらしながら4枚重ねてぬいつけます。

やきとりのようですが 少し ずらすのがコツ









↑2枚かさねたところです。

そして 3枚目で はなっぽくなりますよ。





そのはなっぽくなった真ん中に ぼんとのせます。





これで 花っぽくなりました。






こっとんだと 生地がしっかりしてないので
水溶き片栗粉のような 水溶きボンドで 花にぬって
しゃきってさせたりもしますが
この場合は 柔らかさをだしたいので
最後に ボンドで花の中に ちょいちょいとボンドをつけて
形を整えるといいと思います。


そして コサージュのコラージュ。

下にレースを重ねていきます。







したに もしゃもしゃした ちょっとかわった毛糸なども
くっつけると





表情豊かなお花になると思いません???

そして出来たコサージュをバックに また縫い付けます。





ね・・・かわいくバックらしくなってきたでしょ???

そして ことしは かごバック進化していて
ちょっとじゃらじゃらがかわいいっぽいので

パールビーズを じゃらじゃらモビロンなどテグスに通して
ぬいつけていきますよ。

このばあい つかわなくなった ペンダントを
ひっかけて縫い付けても簡単でかわいくなると思います。





ほらほらいいでしょ???

そして このあいだは
絶対に クリアで透明な 接着剤 こちら!





で ペンダントなどを固定します。

できれば バック自体にも 接着剤で固定しておいたほうが
縫い付けがよわくても 大丈夫であんしんです。


そして・・・


中のコサージュなどは 木工用ボンドで成型。





花の形を整えて 縫い目など ほつれないように
レースなどもボンドで接着したら完成!!!


すっごくかわいいカゴバック作っちゃいました。






かわいいでしょ???

シンプルにいきたいばあいは すこしレースのボリュームおさえて
もっと 派手にいきたいばあいは
もっといろいろつけてもいいですよ。






黒い籠を同じようにすると





ちょっとアレンジして 布バックにコサージュをつけても
かわいいですよ。
リメイクバックです。






下に 違うバージョンで 作り方のせているので
是非つくって オリジナルのカゴバックや リメイク布バックつくってみてくださいね。







↑茶カゴで作ったかごばっくです。





2.カゴバックのデコレーション



アンティークのレースを重ねたり
紅茶と塩ををいれた液体にコットンレースをひたして
アンティーク風レースをつくったり
バテンレースをコーディネイトしたりして
スキだなっていう組み合わせができると ボンドか糸でぬいつけます。

とりあえず カゴバックにレースをまくだけで
とってもかわいくなるので おすすめです。

で 右上のカゴにレースを巻いた状態からのデコレーション。



布を花型に切っていきます。
大きさも 色も バラバラの花びらを用意すると
楽しいです。
花は真ん中をつまみながら 3枚から5+6枚
重ねて縫い付けると
写真真ん中下の小さなはなのようなのが出来ます。

紅茶に少しつけてアンティーク風なのもポイントになります。

あとは レースをいろんな長さにカットして
今回は プードルファーのはしっこを少しレースにまぜます。

いろんな素材を混ぜるとかわいいです。





そして ちょっと変形コサージュを
つくっていきます。
今回はポイントに 真ん中にシャンデリアパーツを入れました。

きらきらのビーズやボタンでもかわいいです。

それを





カゴに縫い付けます。
落ちないように しっかりと固定。
最後に すこしだけボンドで フィックス。

ね・・・だいぶん 華やかになってるでしょ???
下に コサージュの作り方ものせてるので
参考にしてみてね。


下は マルシェバックの作り方を
写真で並べてみました。





詳細は コチラの日記参照してくださいね。

http://www.am-home.com/diary/diary_am.cgi?page=3310

↑コチラ↑




3.ラビットファーやフェイクファー

ラビットファーやフェイクファー あとは マラボーなどは
裏面がカットしてもほつれないようになっているので
結構扱いやすい素材なんです。





一応 毛並みがあるので ハサミをいれるときだけは 注意して
きれいに毛なみが出るようにだけ 気をつけるといいかも???

革は 皮用の針と糸がありますが 普通に太めの糸でぬいつけちゃいます。

うしろに レースなど異素材を重ねるとボリュームが出て
高いファーも安上がりになり 動物にも多少(ごめんね。)やさしいかも?

あとは 革やレースなどの自然なものは
ボンドもつかえるので ぬれるようなことはないって思える場所にしか
もちあるかないかごバックには ボンドで接着も楽ですよ。



革との境目は コサージュやリボンをつけると
ぼんやりとならずに ボリュームが出てかわいくしあがります。





革は 簡単に加工できるので
革や金属にも使える強力接着剤などを使うと
シューズクリップもつくれるし
バレッタやゴージャスカメオのコサージュ
それから 布バック(これは麻 リネン黒)にマラボーを
まきつけたりして 可愛いです。

*リボンの作り方*

簡単なりぼんの作り方も少し・・・



わかるかな?(クリックで拡大)左の右上に変なイラストついているけど
まず 輪をしたにつくり 上の部分を
ひっくりかえす間をあけてミシン(手縫いでもOK)をかける。

2番目に 間をわって 左の写真の形にして
2の部分を縫う。

3番目に 右っかわのように 針をさしたの部分のように縫い
ビーズやパールやリボンをつけてリボンの形に成型。





結構簡単だよ。
カチューシャやコサージュやキーホルダーにしたり
ペンダントにしたりといろいろつけてかわいがってます。

この白いやつはワンピースにつけるようになるよてい。


そして 今は 夏のカゴバックを冬仕様に改造の妄想中。



うーん。もうそうイマイチ。
ブラックファーをつけてみたけど
黒いレースとかわんないし・・・???

と・・・悩んだ結果・・・少し バージョンUPしました。





ちょっと ボリューミーに黒レースを追加。

どうかな???前よりも 黒の分量が増えたけど
いいかんじでしょうか???


そして・・・





今年風に じゃらじゃらとペンダントのような
小物とパーツをつけてみました♪

あっこの感じとっても好きです。








4.コサージュの作り方



コサージュは いろんな花を重ねて
1つの花にしていくのですが
今回は 土台やボリューム作りにかかせない
花の部分の作り方を・・・。

この部分は 写真のように
まず レースを適当な長さにきって
はしっこを縫い合わせます。

写真では 1から2の部分にかけて波縫い。
そして しっかり玉留めします。

そのご ぐるりと一周 あらめでいいので波縫い。
そして その糸を ぎゅーーーーっっと
ひっぱって ひっぱって・・・輪の部分をちじめます。

このとき花が大きいほうがいいときは
穴が少しあいていても OK。

花が小さいほうがいいときは
ぜーーんぶ 糸をひっぱっちゃいます。

わかる???

もう一度 上からみてみましょう♪





わかる???
この花の部分は かさ増しにもなるし
コサージュの印象がきまるので
とっても大切なので
是非是非・・・作ってみてくださいね。




あっさいごは じーーーってひっぱって
花になったぶぶん。
ね。
いいかんじでしょ???


5.革のコサージュの製作



リボンと革とあまったボタンとでコサージュを作りました。
コサージュは たくさん作るのですが
異素材を混ぜるのも好きだし
ボリュームのある方が好きです。

ちなみに レースや麻布 ウールなどの柔らかい布を
売っているコサージュのようにパリッっと
しっかりさせたいときは
ボンドに少しの水を混ぜ 布に塗って
乾かすときに ちょっとしっかりめに
自分の好きな形に整形します。

ボンドの濃さは まぁ 水溶き片栗粉くらいといいましょうか???
しっかりさせたいときは 濃い目
ふつうでいいや!だと 薄め
でも これをつけていると ほつれ止めにもなるし
オススメですよ。

わたしは ほつれとめのために 
花のまわりにだけ 薄めの水溶きボンドをつけます。

そして 型紙をつくり
革や布を切り 何枚もバランスをみながら
重ねていきます。

革は ハギレや在庫処分コーナーで
半端物の皮を集めてくるのがやすあがりでいいと思います。
しかも皮は ちょっと硬いこともありますが
薄い皮は 手芸用のハサミやちょっと指がいたくなるけど
専用の革用の糸でなくても縫えます。




そして 全体を こうして・・・
重ねた花を一緒に 糸で縫いとめ
ポイントにビーズやボタンも一緒に糸で縫って
完成!!!

おぉ!!!いいかんじ???





最近は 花もアンバランスにしたり
ビーズも いろんなものを組み合わせて
デコラティブにするのがブームです。




6.コサージュピンのつけ方



コサージュは 裏側にブローチピンや
コサージュピンというのを接着材で
つけると簡単なのですが
わたしは 小さい子がいたり 
金属だと痛いイメージがあるし
髪飾りなどにも使いたいので 皮で裏をつけます。

でも ブローチピンを使うときもあります。




ブローチピンは 写真のような
クリップにもなり安全ピンにもなるようなものが便利です。
100円ショップセリアでも2個
セットで売っています。
最近は ダイソーやセリアもナチュキチのように
手芸コーナーが充実してきていいですよね♪
安カワ*プチプライス万歳!!!

で 皮でつくるときは 写真のような大き目の皮と
小さく細長い皮を用意します。

このとき 丸よりも
四角く切ってから端を落とす8角形が綺麗でいいな〜と
よく八角形にするけれど
今回は ハギレのはぎれだったのでいびつな形です。

そして・・・



こんな風に長方形(約1cm*3cm)の皮を
くるりんと丸めて
8角形の後ろにボンドでとめます。

このときなぜ皮かというと
皮は切りっぱなしでもほつれないし
ピンをさしても丈夫だし
適度に伸縮して使いやすいのです。

布やリボンでもやりましたが 革が一番扱いやすいです。
あっ革は 薄手の革がいいです。
あつくてしならない革はつかいにくいし
革がいえにない場合は 100円ショップの安いバック
(できれば薄手)のを分解するといいですよ。
あっ革ってかいたけど 合皮でも全然OKです。

で・・・クリップをいれると
こんなかんじ???



カゴバックには ブローチピンは重過ぎるので
シンプルなピンかコサージュをそのまま縫い付ける方法もかわいいですよ♪
ただ わたしも せっかくなので取り外しできるタイプとか
いろいろなバージョンで作って楽しんでます。









*カゴバックの素材のレースやパーツ*



















↑ネットでよくパーツやレースを購入します。
かわいいし安いのがいっぱいあります。


*スプリングデイズ*


楽天さんでよくお洋服を買うお店です♪
プチプライスでかわいいお洋服がたくさんあります。


















*気になるカゴバック楽天一覧*

カシュカシュさんのカゴバックはプチプライスで
とてもかわいくって大好きです♪



* cachecache *


サテンリボンのかごばっくかわいいよぉ。
作ってみようかな???




























&home 佐藤志穂保
お世話になります。
先ほどはお電話を失礼いたしました。

私のメールアドレスをお送りいたします。
こちらの方にお写真をお送りしていただけますでしょうか。

お手数をおかけいたしますが、
どうぞよろしくお願い申し上げます。


2011/03/10(Thu) 13:56

AM ayumi
佐藤様 こちら見るのがおそくなりました。
きっと その後 電話が通じたのできっと大丈夫ですよね。

また こんど よろしくおねがいいたします。



佐藤様 こちら見るのがおそくなりました。きっと その後 電話が通じたのできっと大丈夫ですよね。また こんど よろしくおねがいいたします。
2011/03/17(Thu) 10:41









| Top | Diary | Link |Zakka |




最近の記事
*家計管理・節約+ダン・・*
*イラスト 素材 無料・・*
*ゴスロリ 手作り雑貨*
*グアムのプール*
*レオパレスリゾート*
*グアム 買い物日記-ァΑΑ
*白黒収納シール モノ・・*
*収納ラベルシール 無・・*
*赤ちゃんグッズ 比較*
*カゴバックの作り方*
*お取り寄せスィーツ*
*キャンプ場とキャンプ・・*

最近のコメント





『 A+M 』 雑貨大百科
- Topics Board -